Ibis Art Hotel Noba Roma - 3 stars hotel - 周辺の散策

周辺の散策


Art Hotel Nobaは、古代ローマの街道(Via Nomentana)からその名が付けられたノメンターノ地区にあります。 このエリアは19世紀から20世紀にかけて形成され、その時代に建てられた別荘や優雅な建造物など貴重な建築遺産が特徴です。Prince Alessandro Torloniaの歴史的な居宅や、ローマでもっとも美しい公園の1つVilla Torloniaもこの地区にあります。 Art Hotel Noba近くの地区と観光スポット モンテサクロ(Monte Sacro)地区 この地区の名前は「聖なる山」の名前から付けられ、ローマの建築家Gustavo Giovannoniによって1924年に建造されました。 当時としては画期的な仕事で、緑の木々に埋もれる小さな別荘がいくつも点在する英国風庭園都市の、アーバン様式建築に影響されています。 遠近法から地区入り口に位置付けられた公園のPiazza Sempioneも魅力的です。 トリエステ(Trieste)地区 王宮(現在は公園のVilla Ada)に由来して一般にサヴォイア(Savoia)地区としても知られます。1946年の共和国発足後に地区を貫通するメイン道路の名前からトリエステと名付けられました。 長年にわたってしばしば、デ・シーカ、スコラ、アルジェントなどの監督による有名なイタリア映画の舞台や背景となってきましたが、現在は多くの大使館や大学がある閑静なエリアです。 コッペデ(Coppedè)地区 トリエステ地区内のミンシオ広場(Piazza Mincio)周辺エリアで、名前は20世紀初頭にローマ市の委託でこの部分の都市計画を手がけた建築家Gino Coppedèに由来します。 異なる流派のさまざまな影響によって、この地区はローマでもっとも多様な建築的要素が見られるエリアの1つとなっています。リバティからアール・デコ、バロックやマニエリストの様式、さらには中世から古代のあらゆる様式に遡る要素が発見できます。 観光スポット ヴィッラ・トルローニア美術館(Casina delle Civette/Casino Nobile) サンタ・コンスタンツァ教会(Mausoleo di Santa Constanza) ローマ現代美術館MARCO(Museo d'Arte Contemporanea di Roma) サンタネニェーゼ・フォーリ・レ・ムーラ教会(Sant’Agnese fuori le mura) プリッシラのカタコンベ(Catacombe di Priscilla) 旧宮殿と公園 ボルゲーゼ公園(Villa Borghese) トルロニア公園(Villa Torlonia) ファリナッチ公園(Villa Farinacci) ヴィラ・アダ公園(Villa Ada) ヴィルジリアーノ公園(Parco Virgiliano e Nemorense) キジ宮殿(Villa Chigi)現首相官邸 レオパルディ公園(Villa Leopardi) パガニーニ庭園(Villa Paganini)

今すぐフォロー


最新イベント情報やニュースを配信中

  • facebook
  • instagram
  • %e5%91%a8%e8%be%ba%e3%81%ae%e6%95%a3%e7%ad%96
空室検索
空室検索
close